北海道にメンバーの記事が掲載されました!

Lavanya and Shakti (ラバーニャの女王と側近達)

Lavanya and Shakti (シャクティの王と側近達)

Lavanya and Shakti (二カ国間関係)

Lavanya and Shakti (ラバーニャに不利な条約内容)

Lavanya and Shakti (税率を2%から50%に引き上げる)

Lavanya and Shakti (シャクティ王の側近達)

Lavanya and Shakti (ラバーニャ情報)

Lavanya and Shakti (フードタブレットって何?)

2016年 ハロウィーンパーティー

2016年 体験レッスン

8月23日、30日に無料体験レッスンを行いました。
たくさんの子供達に会うことができました。

8月6日の発表会を見て、「自分もやってみたい」という気持ちで来てくれた子
お友達からStep Forwardの話を聞いて興味を持ってくれた子
とりあえずお母さんに連れてこられた子

きっかけは何であれ、来てくれたみんなが少しでも何か家に持ち帰れるよう心がけてレッスンを行いました。また当団体のレッスンでは、本当に体の隅々まで使うということを体験して頂けたと思います。


既に入会の意思をご連絡頂いた方へ
ありがとうございます!
9月からのレッスンでは、私もオリジナルメンバーも両腕を広げて待っています。
リラックスして臨んでください。


他の習い事のスケジュールの関係上、今年の入会を見合わせなくてはならない方へ
また、スケジュールの調整を試みてくださっている方へ
火曜日のご都合がつきましたら、11月までしたらなんとか台本に間に合いますので、分かり次第ご連絡頂けますようお願い致します。

入会の意思はあるものの、まだご連絡頂けていない方へ
突然9月のレッスンにいらして頂いていも構いませんが、学習用プリントの準備等がございますので、できれば前日でも構いませんので、メールでご連絡頂けますようお願い致します。

無料体験レッスンを受けられなかったが、受けてみたいと思っている方へ
9月でしたらまだ体験レッスンを受け付けています。
ですが、無料体験レッスンの期間を過ぎましたので、お一人様1500円のレッスン料が発生します。予めご了承ください。
体験レッスンをご希望の場合は、「お問い合わせ」フォームより事前にご連絡頂けますようお願い申し上げます。
(2016.9.1)


2016年8月 発表会「Selfish Powder」

舞台の最後に、子供達から花束をもらいました。

危なくウルウルと泣いてしまうところでした。
まだまだ最後のスピーチも残っていたので、ぐっと気合を入れて涙をこらえました。
(泣いてしまうと声が震えるので。)

みんなの成長を見守って、しかもお手伝いできることに大きな喜びを感じていることをジンワリと実感できた瞬間でした。

スタジオm.syncから応援のお花が届きました!

ご縁があって、今年の6月からm.syncのスタジオを使用させていただくことになりました。
それまで殺風景な会議室で活動していましたので、部屋の端から端まで張られた鏡、裸足になっても気持ちいウッドのフロア、やわらかい光の天井灯、クオリティーの高い音響設備など、欲しいなと思っていた条件がすべて整っていること、そしていつでも飲みたいものがオーダーできるカフェの併設、保護者の方がリラックスできるスペースが用意されていることなどの好条件も加わり、m.syncのスタジオを使用させて頂けることに深く感謝しています。

今回、発表会のチケットがすべて捌けてしまったため、m.syncの皆様をご招待することができませんでしたが、このように素敵なお花を届けていただきました。
子供達もみんな喜んでいました!
ありがとうございました。
(2016年8月)
8月6日の発表会には、大勢の方にいらしていただきました。
ご来場頂いた皆様、応援ありがとうございました。

これまでにない反響をいただき、体験レッスンのお申し込みもたくさん頂きました。
これも、今回のメンバーが自分達のベストを出して、役柄になりきってしっかり演技できていたからです。
今のメンバーは、私の自慢の生徒達です。
これからもっともっと成長していくよう、その一助となれるよう、私にできることは最大限惜しみなくGiveしていきたいと思っています。

また、協力的な保護者の皆様にも大感謝です。
保護者の皆様の協力なしに、舞台を作ることはできません。
子供達も、お父さんお母さんの応援を受けて、心強く感じているはずです。

この記事を読んでくださっている皆様、
これからも、暖かい眼差しで、そして心で、この団体を見守ってください。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。
(2016年8月)

人物紹介

2016年7月13日
昨日のレッスンでは最後のシーンで歌う曲の振りいれも終わり、いよいよ完成に近づいています。最後の曲がいたく気に入ったようで、子供達のテンションはマックスに。最後まで元気いっぱいで、先生は非常に嬉しいです。

これまでの歩み
10月から少しずつシーンを重ねて、大作が仕上がってきたところです。
振り返れば、10月時点では10名のうち5名が新規メンバーというフレッシュな顔ぶれ。私の頭の中では壮大な舞台が構築されているものの、実際はどこまで形にできるか当初は大きな不安もありました。
ですが、オリジナルメンバーの踏ん張りと、新規メンバーの「追いつけ〜!」という勢いのおかげで、構想の実現に妥協はいりませんでした。セリフも歌も容赦ない内容ですので、最初こそ「無理〜!」と騒いでいた2年生ですが、環境に慣れてきたのでしょう、徐々に出来るという気持ちで新曲に挑むように変化してきました。みんな自信がついてきたのが伝わりますし、何しろ楽しんで挑戦し続けているのが分かります。本番の舞台では、これまで積み重ねてきた頑張り、そして成長した部分を全部出せるよう、引き続き頑張って通し稽古を続けていきましょう!

今回の作品について
今回のテーマは、人間のselfishness(自分本位のワガママさ)です。
自分を信じて夢を叶える覚悟を決めるときなど、ある程度のSelfishnessが必要となる時もあります。ですが、普段の生活で家族やお友達、先生など周囲の人に対してセルフィッシュな行動をとり続けると、和を乱すことになりかねません。
人間は誰しもがセルフィッシュな存在であるとはいえ、社会の一員である私たちは皆、自分のセルフィッシュな部分をある程度うまく制御しながら社会の和を保って生活しています。
ですが、もしselfishnessが制御できない状態に陥ったらどうなるでしょう?

おっと、これ以上書くとネタばれになりますので、これくらいで止めておきましょう。

※舞台をご覧になる方は事前に登場人物を把握しておいてくださいね。

2015年10月 ハロウィーンパーティー

10月20日のハロウィーンパーティーには、4人の新メンバーも参加!

今年のTrick or Treatでは、教室にクネクネとした道をつくり、子供達がお菓子を貰えるポイントを5カ所設置しました。
そして怖いお化け達は「子供達を怖がらせるぞ〜」と張り切って暗闇に身を潜めました。

お菓子がたくさん貰える楽しいTrick or Treatと、お化けがたくさん飛び出してくる怖いお化け屋敷(教室)を合体させたものとなり、子供達は泣いたり笑ったりの大騒ぎでした。
もちろんお化け役の大人達も怖がる子供達をみて、「ひひひひ」と楽しんでいたようです。
(怖すぎて、本気泣きの子供もいました。泣いちゃった子、ごめんなさい!来年は恐がりさんには手加減することになりました。)

Trick or Treatの後は、ハロウィンならではの若干グロテスクなゲーム三連発!

最初から最後まで楽しいハロウィーンパーティーでした。
(お父さんお母さん、来年のパーティーもヘルプ宜しくお願いします!)

2015年8月の発表会

81日の発表会「オズの魔法使い」は、大成功を収めることができました。


メンバーのお友達が沢山みにきてくれました。

会場にいらしてくださった皆様、ありがとうございました。


7人という少ないメンバーですが、1人何役もこなすことで、登場人物の多いストーリーを表現。

台詞も歌もダンスも(衣装替えも)たくさんありましたが、全員がステージだけでなく、練習や通し稽古も含め、最後まで楽しんで演じていました。

そして「今回はちょっとハードル高いかな」という私の不安も、メンバーはあっさりと払拭。ハードルをピョンピョンと楽しそうに飛び越えていく感じなので、子供の成長する力は無限なのだなあ、とすっかり感じ入ってしまいました。

6年生のメンバーは、今回の発表会を最後に当団体を卒業しましたが、ドロシー役という大役をしっかりと果たしました。当団体に3年間所属し、大変多くを習得した、私の自慢の生徒です。今後の人生における益々の活躍を期待しています!頑張って!)


団体のご案内

キッズ英語ミュージカルは、
表現することを通じて
楽しく英語を学ぶための団体です。

お問い合わせ


メールでのお問い合わせはこちら

免責事項

当サイトのご利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。
北海道
編 集